2021/05/01

| もどる |

鴨川どろリンピック2021
29日、悪天のため、今日延期された「鴨川どろリンピック2021」が最高のお天気の下、開催された。

朝、朔旦祭を終えると、総合運動施設に集合し、みんなで会場となる川代集落の柿の木代棚田へいざ出発!
五月晴れの良いお天気。気温も上がり、どろんこになっても寒くない絶好のコンディション。
延期して良かった。

朝8時半過ぎから集落の方々と会場準備。
10時前になると、参加者が続々と集まりはじめた。

延期したものの、地元の子どもたちを中心に、約30名の参加者が集まり、スタッフや集落の方々を入れて50名を超えるイベントとなった。
広々としたオープンエアーな棚田を会場としているので、コロナ禍においても十分に開催できる内容である。もちろん受付では検温や手指消毒、体調チェックシートの提出など、万全のコロナ対策を講じた。

会場には長谷川市長も来訪してくれ、開会式ではメッセージもいただいた。

開会式を終えると、いよいよ競技開始。
ウェルスポスタッフで考えた、ウォーミングアップを兼ねた氷鬼、人の乗った浮き輪を引っ張るどろんこスライダーリレー、ビーチフラッグズならぬ「どろんコーンズ」、そして、どろんこバレー、どろんこサッカーと、2枚の田んぼを会場に、子どももおとなもどろんこになって各競技を思う存分楽しんだ。

コロナ禍に入って1年4ヶ月が経過しようとしている中、ステイホーム、外出自粛、マスク生活など、子どもたちもストレスは大きいと思う。
そんな中、遠出できない地元の方々のために、開催した「どろりんピック」
参加者のみんなの笑顔を見て、開催して良かった、とつくづく思った。

開催にあたっては、地元の川代集落の方々の全面協力があってこそ。
おむすびとあたたかいみそ汁の心もあたたまる炊き出し。
子どもたちのリクエストで急遽出してくださったかき氷。
賞品には棚田で収穫されたお米。
さらに、なんと温水シャワーまで!!

参加してくださった方には、こういった農家さんたち、地元の方々が、私たちの食卓に並ぶお米をはじめとする農作物を大切に育て、生産してくださっていること。
そして、地元にこんなすてきな場所があること。
そんなことを感じ取り、学んでくれたなら、「どろリンピック」の意義はさらに大きく深いものになるだろう。

会場には房日新聞、毎日新聞、日本農業新聞の取材も入り、注目度の高さもうかがわせた。
私からは「どろリンピック」に込めた思いを熱く語らせていただいた。

鴨川のポテンシャルは無限大!
これからも臆することなく、新しいことにチャレンジし続けたい。

5月の神訓:生命(いのち)の力 あふれる季(とき) 胸を開いて 神気充満


[WALK:16374]
会場は整った。
iPhone SE (2nd generation) 3.99 mm ISO20 1/1919 sec f/1.8
川代集落の全面協力により開催
iPhone SE (2nd generation) 3.99 mm ISO20 1/4000 sec f/1.8
コロナ対策も万全
iPhone SE (2nd generation) 3.99 mm ISO20 1/906 sec f/1.8
準備中〜♪
iPhone SE (2nd generation) 3.99 mm ISO20 1/1200 sec f/1.8
見晴台からの眺め
iPhone SE (2nd generation) 3.99 mm ISO20 1/2667 sec f/1.8

|| コメントする || 街づくり スポーツ |
ハンドル やまちゃん
性別
星座 おひつじ
血液型 A
ホームページ http://na.ni.nu
興味のある分野 子育て
うた
スポーツ
神道・神社
旅行
リバティ・セレナ
メッセージ DiaryWeb 開発者のやまちゃんです。
この日記で DiaryWeb のサポートも行なっていきたいと思います。


(c) 2022 Kappe INC.